スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream Quest 本編部外 奇妙なパーティ4

「えっ?ビクトリアはそんなに弱いんですか?」
「僕のソフィアは1万前後あったんですよ?今は新しく新調したので、まだ500ぐらいしかありませんけどね…だけど外のこの辺りにいるヤツラでさえ平均100ぐらいはありますよ?君の所のガイドさん?主人は何もせず何も知らず…代わりに色々やってくれて至れり尽くせりな感じは悪くはないですが、ビクトリアが戦闘で壊れたり死んだりしたら君なんか一発で路頭に迷うんでしょうね…そーゆー事ちゃんと理解してました?してないだろうと思いますけど…僕がいて本当によかったですね」
ダークはドヤ顔をしながらアテナを見て言ったが、アテナはダークを見ておらずビクトリアに抱きついて独り言のように呟いていた。
「ビクトリアがいなくなると私…考えもてもいなかった…早くあの人達を探さないと…」
「僕の話しどころか…存在そのものも無視ですか…いい根性してますね…」
ダークはボソリとつぶやいていた。
「とりあえず、ここにはいないようですので次の場所へ移動しましょう」
「本当に、こんなやり方で見つかるのかなぁ…」
「他にもっと効率の良い方法があるのでしたら喜んで採用しますけど?」
ダークがそう言いながら機械を触っていると何処からか小さい生き物が数匹飛んで来ていた。
全身に毛が生えたバレーボールほどの大きさの丸い生き物だが背中には蜂のような羽があり、ダーク達に向かって体当たりしてきたのだった。
全身が毛で覆われているせいか当たってもポコっとした僅かな衝撃がある程度だったが、ソフィアはそれらを一瞬で消し飛ばした。
「なっ!なにするんですか!こんな可愛くて弱い生き物を殺すなんて!」
アテナは大きな声で抗議した。
「アテナさん…君さ、あの戦闘能力に乏しいビクトリアを無理やり外へ連れ出そうとか、弱くて見た目が可愛いから殺すのは可哀そうとか…外側を舐め過ぎですよ!?」
「舐めてなんて…ただ別に殺さなくてもいいのじゃないかと…」
ダークは最初は余裕な話し方をしていたが徐々に歳相応な話し方に変わっていた。
ある意味気持ちに余裕とやらが無くなってた証拠だのだろう。
「今の奴らは僕達にじゃれついてきたわけじゃなくて、あれでも攻撃してきてたんですよ!?今の奴らが毒や麻痺などの特殊能力を持ってたらどうなってたと思ってるんだよ?もっと攻撃力が高い奴だったら全滅するかもしれなかったんだぞ?それにビクトリアが壊れでもしたら困ったり悲しんだりするのは君じゃないのかっ!?だったらビクトリアが壊れないでいいようにもっと鍛えたりするべきだろ!そんな事もしないで殺したり殺されたりが嫌だとか言うだけなら、さっさと元の所に帰ればいいだろっ!あの人達だって君みたいなのに探されても迷惑なだけだよっ!!」
アテナは暫く黙って考え込んでいた。
「うん…ごめんなさい、私って駄目ですね…でもこんなんじゃ駄目だと思ったから此処に来て、いろんな体験をして…そして強くなりたいと思ってたのに…私、心を鬼にして頑張りますからっ!」
アテナは小さくガッツポーズのような事をしてダークに言った。
ダークは気持ちが少し落ちついたのか普段の調子に戻って話はじめた。
「心を鬼に?なんか違うような気がしますけど、そうしたいというなら好きにしてください…ああ、それと…ここは既に外ですので何があるかわかりません!ですから僕が転送装置を作動させてる間とか周りに気を付けていてくれると有難いんですけどね?」
「あ、はい、頑張ります!ビクトリア何か来ないか見張ってようね!
だけどダークさんって小学生なのにしっかりしてますね?」
「僕がいつ小学生だと言ったんですか?僕はこれでも中学生ですよっ!?君って本当に失礼な人ですね…まぁいわゆる天然というやつで自覚はないんでしょうけど、そんなんじゃ
さぞかし知らない所で嫌われたり敵を作ったりしてるでしょね?」
「えっ、あのごめんなさい…知らない間に嫌われる…そうだったんだ…でもダークさんだって人の事言えないと思いますけど…?」
「僕は自覚もしてるし分かっててわざと言ってるんです!君と一緒にしないでくださいっ!」
「ええっ?なんでわざと嫌われるような事を…?」
「沢山の人に嫌われて沢山の敵がいても、それに負けることなく勝利する者が真に人の上に立つ大物になるんです!敵の数イコール自分の偉大さなのですよ!」
ダークは自信満々に答えていた。
「え…そうなのかな…普通に皆から好かれて慕われて頼られるような人が上に立つ人となるような?」
「それは単なる理想論ですよ!?それとも生まれた時からそうなるべく生まれたという人なんじゃないですか?…僕のような凡人は多少ズルくても頭と道具を駆使して何とかしないと駄目なんです!」
「随分難しい事考えているんですね…そんなんじゃ疲れませんか?」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。