スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream Quest 本編93

「でも、どうしてデッド消えないんです?デッドも自分の身体じゃないのかな?」
「…本体が寝るか起きるかしたら、こっちはもぬけの殻みたいな状態になるはずだけど、デッド君どう見てもスヤスヤ気持ちよさそうに寝てるよね?」
「ああ…ほんとだ…なんか何かと不思議な奴だな…」
「彼も色々と大変なのよ…」
「?平和そうな感じだけどなぁ…」
俺はサトコさんが一瞬デットの事を何か知っているような言い方をするんだなと感じたが敢えて何も聞かなかった。
サトコさんが自分の事をデッドに全部説明しないようにデッドにも何か特殊な都合があって、そして俺の知らない事があったとしても不思議ではないと思えたからだ。
「そういえば…さっき受信機返そうとした時、サトコさんアイツに何か耳打ちされてたようだけど、ひょっとして身体の事バレてたとか?」
「ん~まぁ本体がコレではないんじゃないかとは感づいてると思うけど、元がどんななのかは分からないと思う…あの時言われたのは…この歳にしては知り過ぎ!落ちつき過ぎ!度胸あり過ぎ!とかで…オマエ相当年齢サバ読んでるだろう?若い彼らには内緒なんだろう?って言われた(笑)」
「まぁ…ある意味正解ではあるな…(汗)」
「いい加減デッド君に本当の事いうべきなのかなって思ったりもするのよ…タツヤ君にもね…」
「えっ?俺?」
「うん…タツヤ君も…」
サトコさんはそう言うと少し思いつめたような表情で笑っていた。
(まだ何か言ってない事があると言う意味だろうか?俺にはコレと言って人にバレたら困るような秘密は無いが、わざわざ言う程の事でも無いと思うというだけで年齢すら教えた事もないんだし…というより…俺も二人の正確な年齢すら知らないし…(汗)当然趣味も好み何も知らなくて…知らない事の方が多いとも言えるが…普通そんなもんだろ?まぁ…サトコさんは真面目で律義そうだから気になるのかも知れないが…)
「俺はたまたま?サトコさんの事情を知ってるけど個人の事情なんて所詮は個人のモノだから俺が知ってようが知らなかろうが…どっちにしろ何か変わるわけでも俺が変えられるものでもないのだろうし…何かあっても中身は皆一人なんだから…俺はサトコさんだってデッドだって、その中身の本人と一緒にいるんだって思えてる気がする…そうやって一緒にいる事で知る必要があると思える事は、自然と言いたくなったり聞きたくなったりするんじゃないのかなって気がする…だから…聞かれてからでもいいんじゃないのかな?
サトコさんが、どうしても聞いてほしい!っていうのなら聞きますけど?(笑)」
「そうだね…どうもありがとう…無理やり聞かせる必要も無いんだしね…」
「またそう言う事を…(汗)一緒にいる日数やら時間だけならまだ僅かなのかもだけど…俺はなんかもうかなり長い事3人で旅してる気分ですよ?そうやってきた仲間?が自分の事を自分から話してくれるなら普通に嬉しいですけど…サトコさんは俺やデッドの話を無理やり聞かされてると感じるんですか?」
「まさか!一緒にいてくれるだけで有難い存在だよ…普段は…そんな事すら忘れてる程にね…」
「常に有難い有難い!って考えてたりしたら思う方も思われる方も窮屈過ぎてしんどいですって(笑)」
「確かにね」
「俺…今の話し…寝てるデッドに聞こえてても別にいいんじゃないか?って自分で勝手に決めて、それで話してましたよ…」
「私も本当に聞かれたくなかったら、タツヤ君に今その話はするなって言ってたと思う…人と人って不思議だよね…」
「人だけじゃないですよ…きっと…」
俺はそう言いながら座ろうとしない蒼の方を見ていた。
俺達はそんな話をしながらピクニックの続きでも楽しんでいる気分だった。
俺はほんの少しだけこの世界が見えてきたような気がしていた。
軍やら組織やらなどというゾッとするような話しもあるが、そんなことばかりでもない…
怖さも切なさも悔しさも嬉しさも楽しさも…自分なりに受け入れて何とかしようと思ったり考えたりしている…この世界でのそんな出来事が今は待ち遠しいとさえ感じている気がする。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。