スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream Quest 本編88

なんか色々と厄介な話しになっているようだが、俺はデットから聞いていた話があるので、さほど驚いてもいなけえば怖いとか言う感覚も無かった。
それに俺はサトコさんが襲われた事も聞いていた。ただこんな凄い連中に襲われたんだという事はさすがに知らなかったが、何かあるような気はしていた…いや何かそのぐらいの事があったらいいのにとでも思っていたのかもしれない。(嫌な奴だな…俺…)
俺達は黙ってお互いの顔を見合わせていた。
「あっ!そういやーおまえら、さっき無線が聞こえたとかどーとか言ってたが…ひょっとして今俺が話した事も全部知ってたんか?」
(するどい質問がきたな…デッドが変な事言いださなきゃいいが…)
「そんなのはフィクションの世界じゃありきたりの定番すぎるぐらいの話しだし~現実でもそういう人達が普通にやってる事なんだよね?それでなくても、ここは夢の中なんだから実感もないし驚きはしないよね~?」
「まぁ他所の国の軍隊がどうのとかカルト集団がどうのとか…実際に現実でTV中継を見ても驚がないと思いますし…話を聞いただけでは何の実感も無いのは事実ですから…それに実際に会っていたら驚かないでしょうし…」
そう言いながら俺はサトコさんをチラリと横目で見ていた。
なによりもデッドが意外とマトモっぽい事を言ったので俺は内心ホッとしていた。
「そーゆーもんなのかねぇ…でおまえら、どう見ても無線を傍受できるシステムとかもってねーよな?あのヒューマノイドとかは多少色々とできるようだが、それでも俺が無線を使ってた場所は、こことの距離がありすぎで盗み聞きするなんざ不可能なはずだ!?その時に聞こえるほど近くにいたとしたら、あの子供達が一緒にいた事もわかるはずだしな?いったいどういうカラクリなのかね?」
俺達はまたしてもお互いの顔を見合わせた。
アーケインさんは顎に手を置いて首を傾げて俺達を見ていた。
「それって、敵さんの通信も聞こえるんか?」
(会話の誘導か…?)
「だから~本当にたまたましか聞こえないんだってば~!」
デッドはアーケインさんの策に見事にはまって?口を開いてしまった。
「たまたまでも、ごく稀にでも、とにかく聞こえはするわけだ?」
アーケインさんは目をギラギラさせながらデッドに向かって聞きはじめた。
(馬鹿デッドめ…(汗))
俺とサトコさんは、こそっと下を向いてその場から離れられるものなら離れたかった。
「ボウズが聞いてるのか?」
「えっ?僕はお坊さんなんかじゃないよ~?」
「あ、いや、だから君がだな…」
「だから?僕には法力とかもないし~お払いもできないし~ご先祖の声とかも聞こえたりしないよ~?」
(お払いは神主さんの仕事じゃ無かったか…?(汗)いやどうでもいいけどさ…)
「いや、そういう事を聞いているんじゃなくてだな!君は無線が聞こえる能力でも持っているとか、それが可能な機械を何処かに隠してるとか、そういうのを聞いてるんだが…」
「どれが無線でどれが無線じゃないとか僕にはわからないよ~?それに僕が直接聞いてるわけでもないしさ~?」
「あ~もうわけがわかんようになってきたっ!」
アーケインさんは頭をクシャクシャとして少しイライラしてる感じだ。
(なんとなく放っといても大丈夫そうな展開だよな?(汗))
「ま!そっちのほうは後でゆっくり検証するとしよう!で…」
(おい、おっさん…後でって何の事だよ…?(汗))
「俺は直ぐにおまえらと合流するわけにはいかないんで、とりあえずコレを渡しとく!」
(ちょっと、そこのおっさん?…合流ってなんだよ…?(汗))
そういうと無線機のようなモノをサトコさんに手渡した。
「これは?」
「俺とだけ繋がってる無線機だ!お互いの情報交換と助け合いのために連絡を取り合おう!lって事だな!それはもう一方のパーティにも渡してあるんだが…実は、おまえらを見つけたら知らせると言ってあるんだが…」
アーケインさんはそう言いながらも何だか遠慮してる様な妙な雰囲気だ。
「あなたは、あの子達に自分は忙しいから私達を探せないと言ったのよね?だったらあなたは私達を探してもいないし、見つけてもいない!それでいいのじゃなくて?」
「おいいおい、冷たいんだな…会ってやらねーのか?」
「私達は何かあっても、それぞれが自分の事だけで精いっぱいなのよ…とてもじゃないけど子供の引率もボディガードもできないの…あなた暇そうだからやってあげたら?」
「俺だって忙しいぞ!?」
サトコさんの言うのは最もだと思ったし、アーケインさんもそれはわかっていたんだろうと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。