スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream Quest 本編83

(俺がそこに入ろうとすると蒼が止めるからだろうか…?)
「他の目的場所とか思いつかないし、とりあえず行ってみればいいと思うけど…でも行くと言っても場所が全くわからないのは大変そうだよな…」
そう言いながら俺はチラッと蒼の方を見た。
俺はとりあえず自分の意思表示をしてみた。(つもりだ)
俺が行きたいと言えば蒼は恐らく止めないだろうと思えたからだ。
蒼も俺をチラッとみて微かに笑ったかのように見えたが特に何も言わなかった。
「場所は…グレイなら知ってるかも知れないよ~僕グレイとそこで会ったんだもの~」
「それを早く言えよっ!」
俺は思わず大声を出していた。
「あ、待って…ちょっと静かに…」
デッドは何故か急に目を閉じてじっとしてしまった。
(オマエが一番しゃべってたんじゃなかったか?(汗))
目を開けたデッドは驚いた顔をして小声でボソボソとしゃべりだした。
「なんか僕達…全国指名手配中になってるような感じだけど…どうする?」
「なんだよそれ!?」
「何の事なの?詳しく話してみて」
デッドは、たまに人同士の会話や通信のような物が聞こえて来るのだという。
今回もそれで聞こえてきたものだろう。
「たぶんどっかの組織とかの無線?みたいなものじゃないかと思うんだけど…今さ~歳はハイティーンぐらいで女性1名男性3名ドラゴン1匹、誰か見かけた者はいないか~って話してたんだよ?それってやっぱり僕たちの事だよね~?」
「それは本当なの?もう少し詳しく聞かせてくれる?」
「えっと…見かけた者はいないか~の後、誰も見てないという返事と、それは例の奴らと関係あるのかと聞き返してて、そっちとは関係が無いと返事してた…後は一般人に道を尋ねられただけだとか何とか…そんな感じだったよ?」
「なんだよそれ…どっかの組織とかに目を付けられるような事…俺ら何かやったか?(汗)」
「私もそうなる可能性とか全く思いつかないわ…」
「あのロボット戦士のガキ!あいつが親に言って親が組織の手を借りて俺達を探してるとか…?」
「あり得ない話じゃないけど…相手があの子の親ならたいしたことない話なので別にいいけどね…」
「えっ?いいんですか?(汗)」
「現実世界の話しになって何か言ってきたとしても、それなりに事を収める術はあるから大丈夫よ?動かせるお金もそれなりにあるしちょっとした専門の筋の人脈も、ちゃんとあるからね!」
(こういう所は、さすがおぼっちゃん!という感じなのだろうか?…(汗))
「でも気持ち悪いよね~なんで探してるんだろうね~?」
「そもそも誰が何のために探してるのか全く思いつかないものね…例の奴らって何かしらね?…道を聞いた一般人と私達は関係あるのかしら?分からない事だらけね…」
サトコさんは真剣な面持ちで考え込んでいる様子だった。
「とりあえず戻って、あのガキに聞いてみた方が早いかも…」
「でもあの子の親関係なら子供の高価なおもちゃを壊した文句を言いたいとか、そのおもちゃの賠償問題とかぐらいでしょ?夢の中で探したりするかしらね?」
「でもアイツの親ってロボ作ってる会社関係者だとか言ってたから人とかを送りこみやすいのじゃあ?」
「関係者だからこそ、コッチの世界で私達を見つけたぐらいでは、どうこうできる話でも無い事を知ってるはずだと思うのだけど…単なる仕返しとか考えてるのかしら?…親子揃ってあんな性格だったら最悪よね…」
サトコさんは呆れたような顔で溜息をついた。
「似たもの親子って割と多いんじゃないのかな~?パパもロボ連れてたりしてね~?」
「やっぱ、アイツ探して問いただした方が早いと思う!」
「でもあの子がこっちの社のエリアに来てる可能性は低いのではないかしら…探すとなると対戦相手を探してヤキモキしている連中がウヨウヨいるような向こうのエリアに行かないといけないかも知れないわ…」
「なんか変なのに絡まれそうで嫌かも…(汗)」(そこの君!バトルしようぜ!みたいな…?(汗))
「あの子が例のおもちゃを新調して無ければ、そこに行っても居ないでしょうしね…」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。